2018年07月02日

娯楽トキドキ情報アワー土曜モチャリスタ − 土曜劇場6月30日放送分

トキ北川
トラブル発生A
出演:トキ北川
icon_new2.gif

人間は日々変化してゆくものです・・・そんなことは人間に限らず、たとえば亀だって変化しています。
我が家には2匹のゼニガメがおりますが、彼らも変化しています・・・体の大きさも勿論そうですが、当初は犬猿の仲だった、まぁ亀を犬と猿に喩えるというのは何かしら違和感がありますが、まぁ要するに仲が悪かった両者が、今や仲よく並んで、時には大きい方の背中に小さい方が乗っかって、甲羅干しをしております。
マァこれべつに今から亀について書こうというわけではなくて、亀のみならず、この世の生きとし生けるものが日々変化をしているわけで、あらゆる面で極めて愚鈍な私みたいな人間でもやはり、変化しているのであると言いたいのです。
それが「進化」だったり「成長」だったり、とは、思いません・・・こんなことは言葉に対する個人的かつ不毛なこだわりでしかないのですが、私は常日頃から、「進化」や「成長」という言葉を使うことに極めて消極的です・・・それが「進化」であるのか「成長」であるのか、そんなことは後々になってからでないと分からないし、たとえ「進化」であり「成長」であったとしても、「進化」した分、必ず「退化」する面があるはずだと、そう思うからなのです。
・・・何だか今日は本題に入る前にずいぶんゴテゴテとどうでもいいことを呟いてしまいまして、まるで私の日頃の生放送の喋りのようで恐縮です。
えぇ、気を取り直して・・・要するに、こんな私にも、いろんな変化が見られます。
ここ2、3カ月ずいぶん痩せてきたというのは、目に見える変化のはずですが、これについてはいつも生放送でぼやいている通り、今もって、誰にも「痩せましたね」と言われません・・・ホントに、エライ痩せたんですよ!
それ以外にもいろんな変化がありますが、先日水曜日の生放送でも少し申し上げた通り、私、最近、エレベータの「閉」ボタンを、あまり押さなくなりました。
私が今住んでいるマンションには高齢者の住人が多く、エレベータも、安全性を何より重要視したものになっています。
「閉」ボタンを押したところですぐにドアが閉まりだすわけでもなく、閉まりだしたとて、並のエレベータが呆れるほどゆっくりとしたスピードで、ゆぅぅぅぅぅっくり閉まります。
しかも住人は非常に多いので、各階から人が乗ってきまして、そのたびに、ドアがゆぅぅぅぅぅっくり開いて、だいぶ間を置いて、ゆぅぅぅぅぅっくり閉まります・・・階段を使った方がよほど速いくらいです。
引っ越してきた当初は、これが何よりのストレスでした。
ところが、「人間の感覚」というべきか、「私の感覚」に限定すべきか、迷った末に「人間の感覚」と申し上げることにしますが、人間の感覚というのはいいかげんで、その分、順応性には長けています。
このエレベータにも慣れてきてしまいました・・・「閉」ボタンなんて押しても押さなくてもどうせ遅いので、今や押しません、で、他の建物でエレベータに乗る際にも、よほど急いでいる時は別にして、「閉」ボタンを押さなくなりました。
「閉」ボタンを最も頻繁に押すのは日本人だと聞いたことがあります。
それがいいことだとも悪いことだとも思いませんが、せっかちな一面はあるのかも知れません。
せっかちとは程遠いマンションに住むようになって、「閉」ボタンを押そうが、それで得ることができる時間はたかだか数秒、その数秒間を有効に活用するような能力を、自分は持っていないと思うようになりました。
列車についてもよく言われますね・・・日本ほど、列車の時間にシビアな国はない、と。
私だって、列車の遅れは嫌いだし、それがいいことだとも悪いことだとも思いません。
先週の続き・・・それがいいことか悪いことはさておき、ここまでトラブルが重なると、まぁ、イラッとします。

Windows Media Playerをご利用の方 ↓ b_windows.gifWindows Media
posted by fm814 at 00:00