2018年09月18日

娯楽トキドキ情報アワー土曜モチャリスタ − 土曜劇場9月15日放送分

トキ北川

虫の音
出演:トキ北川
icon_new2.gif

私は、自分本位という点では筋金入りです。
どうしてそう思うのかというと、これまで、私以外の人間が私に対して抱いてくれた期待や要求というようなものをことごとく裏切って、人が私にどう期待してくれようと、何を求めてくれようと、私自身の意志とか欲求とかを優先して生きてきてしまった、と思うからです。
裏切るというより、無視してきた、と言った方が近いかも知れません。
人の気持ちに応えようと頑張って、でも力及ばず、というより、人の期待や要求は分かっていながら、自分の意にそぐわないとなると頑張ってみようともしないことが多かったからです。
人に左右されず、己の信じた道を歩んできた、と言えばカッコいい感じですが、私の場合、別に何を信じてきたわけでもなく、あまり何も考えず気儘にフワフワと生きてきたに過ぎません。
おそらく、人生のいろんな時点で、私に対していろんな期待を抱いてくれた人がいたはずです。
実際そういった人々の顔が何人も浮かんできたりしますし、私が気づかないところにもいてくれたかも知れません。
そうやって、人々の期待に応えないまま過ごしているうちに、誰も何も期待してくれなくなるという、そのモデルケースとして、今後は私なりに一生懸命に生きてまいります・・・何でしょうかコレ・・・一種の、意志表明です。

有名人となると、「人」というより「世の中」という単位で、人々から何かを期待され求められます・・・まぁ「人」の集まりが「世の中」ですから、期待や要求をする人数が大幅に増えるということです。
政治家は政治家で、芸能人は芸能人で、スポーツ選手はスポーツ選手で・・・自分の知らない人にまで、いろいろと期待され、要求されます。
芸能人なんてある意味、その期待に応えることが仕事であるとも言えます。
アイドルはこうでなきゃいけない、とか・・・まぁアイドルと言っても最近やけに多様化していますが、こんなもの多様化したところで同じこと、自分のキャラやイメージが確立できたら、それを必死に守ってゆかねばなりません。
いつか自分で嫌になるだろうし疲れもするだろうけど、やめたいからと言って自分の一存ではやめられません。
それもこれも、「世の中」の期待に、要求に応えるため・・・それこそが仕事であるからです。

私は芸能人ではありませんが、私にも有り難いことに、リスナーさんがいてくれます。
つまりリスナーさんの期待や要求に応える義務があるわけですが、それを最低限果たせているかどうかは、自分では何とも分かりません・・・リスナーさんにお聞きしないことには。
ただ言えることは、私はそんな一流の芸能人のように徹底はしていないということです・・・やめたきゃやめるし逃げたきゃ逃げるし・・・正面を向かず、いつでも後ろを向けるよう、片足を半歩引いて番組をやっている感じ・・・でも、それこそが私のやり方というか・・・それでホントに逃げるわけじゃなく、そのまま逃げないでずっと言い訳したりグダグダ言ってるのが、まぁ、トキ北川です・・・えぇ・・・今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

人間以外の動物もまた、人間に期待され要求されています・・・しかも彼らは芸能人のように、それで何か見返りがあるわけではありません・・・秋の虫はいつでも優雅に、秋らしく、人間の耳を癒してくれて、いる・・・はず。

Windows Media Playerをご利用の方 ↓ b_windows.gifWindows Media
posted by fm814 at 00:00