2019年01月10日

娯楽トキドキ情報アワー土曜モチャリスタ − 土曜劇場2019年1月5日放送分

トキ北川

ご乗車ありがとうございます。車掌の空廻です。@
出演:トキ北川
icon_new2.gif

作品の内容は先週とはまったく関係ありませんが、このコメントの内容は、先週の続きと言えば続きです。
まぁ、つまりトイレの話なんですが、と言うのも、ホントにまぁ、生放送の年始の挨拶でわざわざ言わなくてもいいじゃないかということを、1月5日の番組のオープニングで申しあげてしまいまして、それをまたわざわざここに書き起こさなくてもいいじゃないかと思いつつ書かせていただくわけなんですが・・・最近、非常にトイレが近いということを自覚しはじめております。
非常に眠りが深いはずの私が、尿意で目覚めるというケースが明らかに増えています。
また、毎週水曜日と土曜日、3時間の生放送中、少々の尿意はこれまで我慢していましたが、最近、一度尿意をもよおすと、もう耐えられないというか・・・。
トイレが近くなるというのが、一種の老化現象のようなイメージもありますが、これ、尿意をもよおす頻度が上昇するというより、尿意への忍耐力が低下しているということなのではないか、とも思っております。
2019年が私にとってどういう年になるのか、まだ分かりませんが、これまで以上に尿意と切迫した付き合いをする必要がある確率は高いでしょう。

・・・えぇ、こんな話の後に何ですけども・・・今年もよろしくお願いいたします。
ホントにしなくてもいい話でしたね。

さて、話は変わりまして、「土曜劇場」の前身、「金曜ひとり劇場」の初期から細々と続くシリーズがあります。
列車の車掌、「空廻(からまわり)さん」の車内アナウンスのシリーズ。
はじまってから、おそらく10年ほど経っているはずです。
何の気なしに作ったのですが、その後シリーズ化し、この10年の間に、この架空の電鉄会社「ハイホー電鉄」の沿線を舞台に、様々な作品、シリーズを作ってゆきまして・・・主なものとしては、「高田正一の 1歩! 二歩!! 散歩!!!」「鍾乳洞」などです。
以前にも書きましたが、これは自分の作品世界を広げる作業ではなく、むしろ私の描く世界の多くをこの沿線内に限定することで、作品世界を狭めたのです。
「世間は狭い」的な実感を出すために、スケール縮小化と言える作業であると言えますが、なぜわざわざそんなことをして自分の世界観をセセコマしくするのかと申しますと、これはもう、私の個人的な趣味の次元の問題です。
私は何もかも、小ぢんまりとセセコマしいのが好きです。
沿線で起こった様々な作品の背景を理解していただくために、時折「空廻さん」のシリーズを再放送することがあるのですが、昨年、再放送した際、リスナーさんから「空廻さんシリーズを全部聴きたい」という、たいへん有り難いリクエストをいただきました。
ただし、いろんな作品を作ってゆく上でそういう必要が出てきたのですが、実は、シリーズ開始から駅名が若干変わっていたりするのです。
そこで、現在の駅名で、シリーズ第一弾からリメイクすることを決心いたしまして、今回がその第一弾です。
10年後、また駅名が変わっていて、またリメイクする可能性も、ないわけではありません。


Windows Media Playerをご利用方 ↓ b_windows.gifWindows Media
posted by fm814 at 00:00

2019年01月03日

娯楽トキドキ情報アワー土曜モチャリスタ − 土曜劇場12月29日放送分

トキ北川

男の事情
出演:トキ北川
icon_new2.gif

たまに、番組のメッセージテーマを「トイレ」にすることがあります。
特に私が求めるのは、みんなトイレでどうしているのかということ。
どうしているもこうしているも、トイレですることなんて決まっているわけですが、何をしているのか? ではなく、どうしているのか?
個室に入ってすぐに便座に座るのか、それともしばらく立ったままなのか?
しばらく立ったままの人は、しばらく立って何をしているのか?
便座に座ってすぐに排泄行為に及ぶのか、それともしばらく座っているだけなのか?
しばらく座っているだけの人は、しばらく座って何をしているのか?
排泄が終わるや否や、トイレットペーパーやウォシュレットのボタンに手を伸ばすのか、それともしばらく座っているだけなのか?
しばらく座っているだけの人は、しばらく座って何をしているのか?
他にも、トイレ内の行動の様々なことが、実は十人十色です。
私が知り合った人の中にもいろいろな人がいまして、洋式の便座に座る際、大股開いて便座にまたがり、通常は自分の背中にあるはずのタンクに向かって座り、タンクを抱くようにして用を足す人がいたりします・・・男性です。
また、トイレの個室では必ず全裸になる方も、数人います・・・・・・全員男性です。
トイレットペーパーにしても、ずいぶん威勢よくガラガラガラガラと音を立てながら巻き取る方がいるかと思えば、ミシン目一つ分だけを静かに切り取って、それを丁寧に何度もたたみながら使う方もいます。
生活をしていて、トイレほど一人になれる場所はないし、その中でのことを日頃改まって話す機会もあまりないからこそ、時折、気になってしまうのです。

海外の公衆トイレで、大便までみんな横並びになってする所がありまして・・・知り合い同士が朗らかに談笑しながら排泄しているのですが・・・私はどうしても、出来ませんでした。
トイレのことを昔は「はばかり」と呼びましたが、私にとってトイレというのはやはり、はばかる場所であり、排泄という行為は、はばかってするべきものであるようです。
それと同時に、トイレは個室であってほしいし、施錠可能であってほしいし(鍵のないトイレというのも、世界には多いですね)、一人っきりでありたいとも思っております。
その中では人によりいろいろな事情もあるでしょうし、肉体的な相違がある以上、男女でも違った事情があるでしょう。
メッセージでそいうのを求めておいてこんなこと言うのも何ですが、そういった密やかな個人的事情は、あくまで密やかな個人的事情であってほしいと、そうも思います。
・・・私は男性なので、女性特有の事情はあまり存じませんが、男性特有の事情は、切実なほどによく存じているつもりです。

えぇ・・・こんな話の後に何ですけども、2018年も私のことを可愛がっていただいて、本当にありがとうございました。
2019年も、よろしくお願いいたします。

Windows Media Playerをご利用の方 ↓ b_windows.gifWindows Media
posted by fm814 at 00:00

2018年12月27日

娯楽トキドキ情報アワー土曜モチャリスタ − 土曜劇場12月22日放送分

トキ北川

仲裁
出演:正次・トキ北川
icon_new2.gif


「人生半分、損してる」という言い草があります。
圧倒的に多いのは、酒が好きな人が酒を飲めない人に対して言うケースでしょう。
珍しいケースもありまして、私は「おはよう814」月・火曜日担当の朝井宥羽ちゃんに和菓子が食べられないとうち明けて、これを言われました。
まぁこれ、言っている側からしてみてもちょっとした誇張表現的な軽口という趣の言葉であって、本気でそんなこと思っているわけではない・・・はずですよねぇ・・・至極真剣に本気でそう言っているのであれば、余計なお世話だし、こんなデタラメな忠告もありません(何をもってして「半分」なんだということになりますし)。

ここ数年、私の飲酒の量が劇的に減りました。
キッカケは痛風を患ったことでしたが、それで意識的に飲酒量を減らしてゆく中で、酒に対する私の意識も明らかに変わってきました。
以前はとにかく、何の疑問もなく酒を飲んでおりました。
今どうしても酒を飲まずにはいられないのか? 飲むにしても、そんなに飲む必要はあるのか? そもそも自分は、酒がそんなに好きなのか? そういったことには完全に無頓着なまま、飲むのが当たり前だから飲んでいました。
今、当時の自分に対して、なんでそんなに酒を飲んでいたんだと、何をそんなに飲む必要があったんだと、そう思ってしまっております。
なんかですねぇ・・・世間の言い草とは逆になってしまいますが・・・酒ばっかり飲んでいたから、人生半分、損してしまっていたような、そんな気持ちにすらなってしまっているのです。
もちろん酒はお金がかかりますから金銭的にもマイナスだったでしょうが、それよりも、たとえばもっと真剣に考えなきゃいけないことがある場面で、半ば逃げ道的に酒を飲んでしまって、せっかく深い思索にふける機会をみすみす逃してしまっていた、とか・・・飲んでいる席で誰かが非常に味わい深い、その後その言葉についていろいろと考えたり言い合ったりする価値のあるセリフを吐いたのに、飲んだ勢いでの爆笑とかバカ騒ぎにかまけてしまっていた、とか・・・そういった精神的、思索的な損失というものが、これまでの人生で計り知れないほどあったような、そんな気持ちになっております。
これはべつに、だからみんな酒はやめるべきだとか、そういうことを言いたいわけではなく、完全に私の個人的な事情でして、私は自分の人生により多くの実りをもたらすためのアイテムとして、酒を活用することができない人間であると、それだけのことです。
とは言え、それを自覚できたことは私にとって大きな収穫で、今は極めて意識的に、自分が乞い求めている時に乞い求めている分だけ飲んでおります・・・週末にだけ飲むビールは以前のビールより格別に美味いですし、ヘトヘトに疲れた夜にゆっくり一杯だけ飲む日本酒は、私の体じゅうを慰安してくれます。
それに、年に一、二度、そんなこんなを何も考えずに敢えてひたすら飲む夜もあります・・・相手は正次です。
二人とも日頃は口数が多い方ではないのですが、この時はお互い、いつもの何十倍も喋ります。
やっぱり酒っていいよな、と思うひとときです。
でも正次と飲むといつも、帰りの記憶がありません・・・やはり何か損している可能性もあります。

Windows Media Playerをご利用の方 ↓ b_windows.gifWindows Media
posted by fm814 at 00:00